Aimi Floral Designersのブログ

2017年07月26日(Wed)

青い梅の実を使ったアレンジメント

2 (4)a.jpg

青い梅の実を使ったオブジェデザインのレッスン。

この下のベースワーク部分に、面白い植物を使っています。

CIMG3274a.jpg

ルバーブでバスケットを作っていたのです。
ルバーブって、茎をジャムにしたり、ヨーロッパでは、普通の料理にも使うようです。

茎にすごく水分が含まれていて、酸味もあるので、
茎を2〜3pにカットして、砂糖を一握りぐらい入れてそのまま煮詰めるだけで、
美味しいジャムができあがります。

って、料理教室じゃ〜ないですが・・・・(^-^;

私でも出来るジャム作り(笑)

そのルバーブさん、なかなかいい味のバスケットを作ってくれて、
楽しいアレンジになります。

ルバーブの葉の上から、青い梅の実と、
赤いのは、赤かぶです。

そして、ブルーベリーの実付き枝、オレガノの花なども活けているので、
本当に料理教室のようで楽しいです。

つくばならではの出来るレッスンです。
ちょっと市場じゃ売っていない花材ばかり。(^^)v

後は、ユウギリソウ、エリンジューム、アガパンサスなど、
ちょっとハーブ系のようなお花を組み合わせてみました。

受け皿は、骨董市が購入したアンティークの絵皿。

趣味の骨董市めぐりも役に立っています。!(^^)!

密かに始めているヨーロピアンUのレッスンでした。
基礎レッスンを修了した方にお勧めのレッスンですよ。

1レッスン7000円(花材費込み)のリーズナブルなレッスン代も魅力的です。

posted by aimi at 23:43 | Comment(0) | 新レッスンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日(Tue)

お花のコーチング

7月の初旬、毎年AIFDでは、シンポジウムという大きなイベントを開催します。
シカゴ、ボストン、シアトル、サンフランシスコ、NY、ワシントン・・・・などなど、
毎年違う都市で開催します。

今年は、シアトルでした。

昨年、AIFDの入会試験を受験し、合格した方々が正式にメンバーになる式典に招待されるのも、
このシンポジウムの中の式典です。

昨年は、アナハイムというディズニーランドがあるので有名なカルフォルニアの都市で開催され、
私の生徒さんたちも日本から一人、アメリカの生徒さんが3人、お友達も一人、受験し、
見事、全員合格といううれしいニュースが飛び込んで来たのももう1年前、

今年は、それぞれのお国の衣装に着飾ったニューメンバーさんたちが式典に参加しました。

かなり遅くなりましたが、皆さんおめでとうございます。

私は今年、シアトルには行けなかったのですが、

Fbで逐一シンポジウムの様子はアップされていたので、
目を皿のようにして観ていました。

そして、それぞれの生徒さんから、一人一人丁寧にメールもいただきました。

やっぱりうれしいですね。

教えていて、生徒さんたちが合格して、喜んでメールをして来てくれる。

最高の幸せです。

春にこんな本を読んでいました。
IMG_1205.jpg

ブライアンコーチの本です。
本屋さんで見かけた時には、羽生くんのファンだったので、
どちらかと言うと、ミーハー心の羽生くよりで購入した本ですが・・・・

面白かったです。

フェルナンデス君や羽生君の指導の仕方や、
毎年の練習の仕方、オリンピックに向けてのメンタルやピークの持って生き方。

何の仕事にも共通するようなヒントがあると思います。

この本を読んで、以前から、お花の先生というより、
お花のコーチという立場や職業になりたいと思っていたことが、
再度認識させてくれるような本でした。

お花の先生とコーチとどう違う?と言われると難しいですが・・・・
より個人によりそった指導って感じですかね。

AIFDの受験のお手伝いをし始めて20年経ちました。
何十人かの生徒さんがメンバーになってくれました。

最初は、かなり感覚で教えていたのですが、
近年は、かなりオリンピックのコーチのように、
私的には、1年のスケジュールを考え、ジャッジのポイントを少しづつ教えていき、
メンタルもケアーして行っているつもりです。

AIFDの試験は、かなりアスリートの国際試合とよく似ているからです。

アメリカの都市で試験が開催され、日本人にはかなりハードルが高い試験です。
もちろん時差ボケもありますし、
質疑応答はすべて英語だし、アメリカならではの花材だったり資材が出たり、
ただでさえ、外人に囲まれてメンタル駄々洩れのような状態で試験に臨むのですから、
そこら辺の状況を日本で伝えてもなかなか伝わりません。

そこで、私なりに近年編み出したコーチスタイル。

もっと磨きをかけて、一人でも多く、お花の夢を捕まえられるお手伝いが出来たらと思っています。

AIFD受験を考えている方、ご相談くださいね。








posted by aimi at 23:21 | Comment(0) | AIFD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日(Mon)

一眼レフ撮影講座

4月〜3ヶ月、「解りやすく解説!一眼レフ撮影講座」というつくば市主催の一眼レフのカメラ撮影講座を受講していました。

残念ながら、基礎編、応用編と終わってしまいました〜。
メッチャ楽しかったのですが・・・・

このカメラ講座、「レンズの大きさ」とか「シャッターを切る」とか「写した写真を見る」とか本当に基礎から始まったのですが、
目から鱗話ばっかりで・・・・

え〜レンズの直径の大きさの違いって、そんな理由があったんですか〜!とか、
画素数って、そんな大きさだったんですか〜・・・・

なんてことから始まり、

ISO感度、絞り、シャッタースピード、測光モード、ホワイトバランス、ピクチャーコントロール、オートブランケット・・・・
などなど、

講義部分と、実際に撮影指導とか・・・・
各カメラメーカーの機種別に説明してくださって・・・・

本当に解りやすく・・・・ただ、覚えたってだけで良い写真がすぐに撮れるようなる訳では無い現実もありますが、毎回楽しくて楽しくて、と〜っても充実した内容でした。

最後の授業で、測光モードを評価とスポットの違いを撮影という課題で、受講生のみんなと撮影してみたのですが・・・・

P7220058a.jpg

評価撮影

P7220059a.jpg

スポット撮影

若干、バックがスポットの方が暗いかな〜?ぐらいだったのです。

あまり違いが解らないな〜と思っていたら、

受講生の中の一人、ハッキリと周りが真っ暗なバッチリスポットで写った方がいらして・・・・
比べたら、たまたま、シャッタースピードが、10倍ぐらい早くなっていたんです。
同じカメラの人なのに・・・・

????

先生が、その後の指導で、マニュアルモードに切り替えて、

スポット測光で、シャッタースピードを320まであげて撮ったら・・・・

P7220062a.jpg

すごいでしょ!
こんな写真が撮れるんです!!

まさにスポット測光!!

こんなことが、ちょっとでも理解できるようになって、本当に感謝です。

これから、色々自分なりに勉強して、撮影も練習して・・・・

上手になりたいな〜💛

ちなみにつくば市主催の講座だったので、
6回7000円というリーズナブルな講座な割に、とてもいい先生に巡り会えてラッキーでした〜!!



posted by aimi at 22:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする