Aimi Floral Designersのブログ
世界の花情報

2017年03月19日(Sun)

ピリヨ・コッピさんのWS

ピリヨ・コッピさん、ワールドカップで3位、ヨーロッパカップでも3位のつわもののデザイナーさんですが、
何とも愛らしい。

一度お会いすると誰でもが好きになっちゃう愛らしさ。
私も例外にもれず大ファンです。

そのピリヨちゃんの東京堂さん主催のWSに参加出来ました。

最初に7〜8点、ブーケやフラワージュエリーのデモをしてくれたのですが、

ナナナント!
ピリヨちゃん、事前にデッサンとかアイディアとか考えて来ていない状態で、
飛行場からそのまま東京堂さんに直行し、
その場で、材料をザザザザ〜と選んで、
翌日に、チャチャチャチャチャチャ〜っとすべてのベースを作り上げたそうです。

あっという間に造り終えて、
夜中まで仕事をしているヘンティネンさんの耳元で、

「いつ、カラオケ行く?」とず〜っとささやいていたそうな 笑

何ともパワフルで才能あふれた・・・・

ピリヨちゃん曰く

「私の友達やお花の仲間は、毎日、色んなデザインに挑戦していて、
みんな、日々、勉強+研究しているから、私もがんばっている」

なので、10ヶぐらいのデモの作品のアイディアは、
すぐに頭の中にひらめくようです。スゴイ

やっぱ、世界のトップの方々って、そうだったんだ〜🎶
ってあらためて。

IMG_0805a.jpg

これと、

IMG_0808a.jpg

このブーケのベースは、和紙なんです。
昨年のWSに参加した時、フラワージュエリーのベースに
同じように和紙を使っていて、
まるで、どうやって作ったか?解らなかったのですが、
今回のWSで、散々思い知りました(後ほど・・・・ご説明を)

まるで見た目はファーのようです。

これも、昨年3か月日本にいた間に思いついたアイディアらしいですが、
何とも、日本人が思いつかないことを、
思いついてしまうんですね。

IMG_0811a.jpg

こちらは、マフブーケのようなブーケなんですが、
王道のヨーロピアンっぽいデザインですが、
私は、なぜか、着物にすごく合いそうなデザインだと思いました。

このマフのベースもキャンドルスタンドを使っていて、
面白かったです。

IMG_0816a.jpg

IMG_0825a.jpg

この2点は、ピリヨちゃんが、今、夢中に開発+紹介している、
彼女オリジナルのフラワージュエリーです。

この1〜2年、世界中にWSやTV出演、雑誌のインタビューなど受ける際、
必ず、自分でつけられる限り、フラワージュエリーをつけて、
フラワージュエリーの話をしてくるそうです。

AIFDの試験でも10年前ぐらいから、
フラワージュエリーが、試験の必須カテゴリーになってしまったので、
色々調べたり、研究していましたが、

ピリヨちゃんのは、一味も二味もアイディアが詰まっています。

そして、なんといってもWS、

IMG_0834a.jpg

この土台作りに、約3時間かかりました。
例の和紙で作る土台です。

この写真は途中で、ここまでに、1時間半ぐらい?
残りに1時間半ぐらい?

やってもやってもやってもやっても終わらない(>_<)
この作業をピリヨちゃんは、帰国翌日に、他のものと合わせて、
1日で仕上げている・・・・

それを考えても彼女の技が思い知らされます。

「私が遅いんだろう?」と思ってらっしゃるあなた!

これでも、何をやっても人一倍早い自信はあったのです!
でも、もろくも崩れ去りました。
年取ったのかな?

IMG_0838a.jpg

完成したバッグブーケ。

IMG_0845a.jpg

ピリヨちゃん、みんなの所、回ってアドバイスしてくれている最中に、

「前も来てくれましたよね?Fbも友達だよね?」

って覚えていてくれました。♡

やっぱ、トップは記憶力もいいんだ〜。

通訳や企画をしてくださったヘンティネンさん、ありがとうございました。
東京堂さんにも、こんな楽しい贅沢なWSありがとうございました。

もちろん、ピリヨちゃん、ありがとうございました。

また、来てね。






posted by aimi at 12:16 | Comment(2) | 世界の花情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日(Mon)

チェ・アレックス氏のWS

昨年のワールドカップチャンピオンのチェ・アレックスさんのWSに行ってきました。

神保先生が、以前より親しくされていたので、
ワールドカップのチャンピオンのWSを日本で受けられるのは、
とてもありがたいです。

アジア人が、ワールドカップのチャンピオンになったのは、久々。
今まで、ヨーロッパのデザイナーさんに習っていた方々も、
韓国人のチェさんがチャンピオンになってから、世界中からオファーが絶えないそうです。

今回は、講義もしてくださったり、デモも数点活けてくださったり、
とても丁寧に親切に教えてくださいました。

IMG_1729a.jpg

講義は、バランスのとり方など、例の黄金比についてなど。。。。


IMG_1724a.jpg

こちらは、日本で買った試験管がつながっている器に。

IMG_1736a.jpg

昨年、トーマスが作っていたベースに(笑)


IMG_1747a.jpg

前日のWSで、花束ベースにしたベースワークをアレンジに。

IMG_1751a.jpg

そして、このベースは、チェさんがオリジナルで試験管と試験管ホルダーを作っているそうなのですが、
その試験管と試験管ベースを使った土台に。

この試験管と試験管ホルダーは、ワールドカップの際も使用し、審査に好評だったようです。

IMG_1784a.jpg

そして、WSで作った私の作品ですが、
交差のテクニックを使って作るお題でした。

重たいお皿状の器にオアシス全面、
プラス石を敷き詰めてあるので・・・・
メッチャ重たいアレンジです(笑)

フラワーデザインも体力勝負ですね。(^-^;




posted by aimi at 14:09 | Comment(0) | 世界の花情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日(Fri)

トーマスのWS

Fbには、アップしてあったのですが、ブログには、ちょっと詳しくご説明しましょう。

トーマスのWSは、午後1時〜4時、5時ごろまでのゆったり時間でしたので、
まずは、トーマスが、ヨーロピアンテクニックについて、
講義をしてくれました。

トーマスはベルギー人ですが、アメリカのHitomiギリアムさん(AIFD)と、一緒に、
EMC(ヨーロピアンマスター)という会を主宰しており、
ステップ1のWSで、ヨーロピアンの講義とデザインのレッスン、
ステップ2は、学名を150だか覚えて、デザイン画を提出?だったかな〜?
ステップ3で、一応修了で、ベルギーで、最終の講義と試験があるようです。

EMCは、各国のお花の協会などと提携しており、
EMCメキシコだとか、色々・・・・どこだったっけ?(^_^;)

活動を始めて、数年ですが、既に数か国と提携して活動しています。

私の友達も、ステップ2まで修了し、来年、ベルギーにステップ3を受けに行くと言っていました。
既にステップ3は、受講者が100名を超えたらしいです。

ちなみにこのステップ3だけでも、20万だったか?の受講料だそうで・・・・

下世話な私は、20万×100名以上。。。。

さすがにワールドワイドに活躍されている方は、すごいですよね。

日本でも、どなたか提携してくださればいいのに・・・・って、個人的には思っているんですけれどね。

さて、今回のトーマスのWSに戻りますが・・・・

そんなこんなのトーマス、講義も慣れたもので、
ヨーロピアンテクニックをキッチリ講義してくれました。

IMG_1507a.jpg

まあ、あまり時間が無かったので、本当に基本の基本という感じでしたが・・・・

IMG_1506a.jpg

制作のもの以外のデモもいくつか作ってくださり、
それらのデザインに対する講義も、詳しく教えてくださいました。

講義好きの私、今回のWSはすごくお得に感じました。

IMG_1525a.jpg

トーマスは、Life3というフラワーデザイナー3人での活動も行っており、
Life3も世界中でショーをしたり、トーマスの手に持っているように
数十冊の本も出版しています。

私も数冊持っているのですが、
Step by stepのシリーズは、アレンジやブーケ、
ヒューネラルなどに分かれて出版されていて、
中も作り方写真がいっぱいで、勉強や参考になる良い子んですよ。

IMG_1541a.jpg

今回のWSの制作はこのデザインでした。

IMG_1542a.jpg

こちらのお教室と、もう一部屋に分かれて、
作業開始。

IMG_1545a.jpg

ちなみに私の制作したアレンジです。

この赤い実、カイドウだそうですが、家のかいどうとは違って、
とても大きな実でした。

最後に、一人一人、とても丁寧にアドバイスして頂き、
充実した楽しい時間でした。

トーマスありがとうございました。

WS後、お手伝いした面々と、ファミリーレストランで小打ち上げ。
トーマスが頼んだステーキをみんなが狙って少しづつ頂いたり、
おちゃめな時間もご一緒でき、
なかなか経験出来ない時間、
お手伝い含めて、4日間、ご一緒出来て幸せでした。

本当にありがとうござました。





posted by aimi at 21:01 | Comment(0) | 世界の花情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする