Aimi Floral Designersのブログ

2014年12月17日(Wed)

盆栽の正面の観方

IMG_0279a.jpg

今月の盆栽教室は、松竹梅のおめでたい盆栽の寄せ植えでした。

右側が大きな梅と小さな黒松。
左側がオロシマ笹です。

盆栽って、作る前に正面を決めてから土を崩したりして、
鉢に植え替えるのですが・・・・

生け花の時に習った正面の観方と、また違うんです。

生け花は、太陽のあたっていた方と言いますか・・・・
お花の正面って、ほぼ、太陽のあたっている方なんです。

やはり光合成もしっかりしているので、
色もしっかりのっているし、顔も太陽の方を向くので、
無条件に美しい方なんです。

盆栽の場合は、ちょっと違うので、最初戸惑ったと言いますか・・・・
未だにちょっと解らないことがありますが・・・・

生け花の目だと、絶対にこっち!って方であっている時と、
あっていない時と・・・・(^_^;)

枝振りで、手前に降りてくる方を正面にとらえることが多いです。

今回の場合も、こっちを正面に・・・・と決めて・・・・先生も良いと思います。
と、おっしゃって・・・・

いざ、土を落として行ったら・・・・

盆栽の場合、根張りと言って、土の中の根の張り方で、
地上の幹から太い根がつながっている根を見つけて、
その根を生かしていく・・・・
ということもするのですが・・・・

梅から美しい根がしっかり降りてきている方が、
正面と決めた側の裏側だったのです。

なので、根張りの美しい方が正面の方が良く無いですか?と質問したら、
そうですね。こっちの方がいいですね〜。

と、正面が変わって作ったのですが・・・・

生け花と盆栽って、似て非なるものなんですよね。

同じ古来からの日本の文化なのですが・・・・
ちょっと感覚が違う所がまた、植物の面白さを教えてくれます。




posted by aimi at 18:29 | Comment(0) | 花情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。